読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meitetsu1200の鉄道日記

このブログは気ままに更新中です!!

さようなら300系J21編成 2013年11月23日&12月27日撮影記

※約2年前の撮影記録です。

 

2013年11月13日(水)、JR東海から全国の300系ファンに衝撃な情報が届けられました。

なんと…

 

来年(2014年)1月からリニア鉄道館に700系保存開始、300系量産車は保存終了…

え?…

私はショックのあまりこの日はずっと頭がモヤモヤしていました。

ということで11月23日(土)と12月27日(金)の二日間で300系量産車の最後の雄姿を見に行きました。

ここからは11月23日(土)と12月27日(金)の撮影記録を混ぜて紹介します。

 ---------------------------------------

f:id:koji-papa:20131227105007j:plainf:id:koji-papa:20131227151809j:plain

300系J21編成 (1階から撮影)

 どの電車も角度を変えて撮って見るとかっこよさが変わりますよね。

 

f:id:koji-papa:20131123100532j:plainf:id:koji-papa:20131227101401j:plainf:id:koji-papa:20131227143252j:plainf:id:koji-papa:20131227143624j:plain

300系J21編成 (2階から撮影)

 やっぱりこの横気味の斜めから見たシャープで量産先行試作車より丸みを強調したスピード感が伝わってくるデザインが今でも好きです。

 

f:id:koji-papa:20131227105727j:plainf:id:koji-papa:20131123105249j:plain

周りに人が居なかったので床にカメラを置いて撮影。

 

f:id:koji-papa:20131227110840j:plainf:id:koji-papa:20131227142440j:plain

300系J1編成(量産先行試作車)とJ21編成(量産車)

 量産車と試作車が共に見れて300系ファンにとってリニア鉄道館は最高の場所でした。

 

f:id:koji-papa:20131227110628j:plain

方向幕の「のぞみ新大阪」の表示を見ると、初代のぞみ号として華やかなデビューを迎えて後継車が出るまで20年間走り続けてきたんだなと実感します。

 

f:id:koji-papa:20131227152712j:plain

このJ21編成は1993年12月に日本車両で新製されました。

当時(2013年)新製20年を迎えていました。

 

f:id:koji-papa:20131227152656j:plain

300系量産車:普通車

 私が幼稚園の頃から300系に乗っていたので新幹線と言えば300系でした。

 引退前の2012年3月10日(土)に東京行きの団体列車(J57編成)が最後に乗った300系でした。

 ちなみに人生の中で300系に乗った回数は5~10回ほどでした。

 

f:id:koji-papa:20131227101231j:plain2011年の開館時からのこの光景も来年(2014年)には見納めに…

---------------------------------------             この日(12月27日)は用事があり閉館時間までいれなかったのが残念ですが1日中300系を堪能できて満足でした。

この後予定通り2014年1月から300系J21編成に代わり700系C1編成がリニア鉄道館に保存開始。

1月中に300系J21編成が浜松工場に陸送、そのまま解体されました。

これで300系量産車は消滅したと思われていますが、どうやら2010年に浜松工場からJ46編成の先頭車が「関西新幹線サービック」という会社に引き取られて2015年現在も清掃訓練車として残っているようです。(ただし一般に非公開)

この情報は今年9月Twitterを見て知ったのですが、300系量産車が一般には非公開でも残っているのは私自身とても嬉しかったです。

 

f:id:koji-papa:20131227141201j:plainf:id:koji-papa:20140608110452j:plain

2015年現在も引き続き300系J21編成に代わり700系C1編成がリニア鉄道館で公開されています。

いずれリニア鉄道館にはN700系が搬入されるのでスペースの問題が発生し、搬出される車両が出てくると思われます。

これからもリニア鉄道館は東海地方を代表する鉄道博物館になると期待しています。

今回はこれで以上です。

長文の中、ご覧いただき有難う御座いました。

f:id:koji-papa:20131227153651j:plain